• 連載数:全5回
  • 紹介文:恋人を親に紹介する事は大切に想っている証拠ですので、緊張した面持ちでも問題はなく誠心誠意向かい合うことが大切です。
2016.12.28

決意したとき

写真どんなカップルにも悩みや不安はつきものですが、相手の家族を含めた付き合いをすることもまた緊張感の伴うものの一つです。
相手の親に紹介してもらったり、相手を親に紹介したりする行為は、ほとんどの人にとってとても緊張する場面となります。

相手の親に会わせてもらうことになったときは、どんな服装をして何を手土産に持っていけばよいのかを延々と考え続けることになるでしょう。
話をする内容や自分の持っている知識教養が不足のないものであるかなど、相手の親から受ける印象を大いに気遣いながら当日を迎えるはずです。

また、相手を親に紹介する側に立つのも大きな不安を感じるものです。
実家に招待した恋人が自分の家に対してどんな印象を持つかはとても気になるでしょう。
大好きな恋人だからこそ育ててくれた両親にもよく思ってほしいと感じるはずですが、どんな結果になるかを考えていたせいで前の晩は眠れなくなってしまうかもしれません。

お見合いの席でもない限り、恋人との出会いは当然親がいないときに起こります。
我が子の恋人という存在は、親からしてみればさっぱり人物像の掴めない謎の相手です。
そのため緊張しているのは子供とその恋人だけではなく、親の側も同様だといえるでしょう。

親と会わせようと思うからにはそれなりの決意を持っているはずです。
恋人が親と会わせてくれると言われた場合には、緊張しつつもうれしいと感じる人がほとんどのはずです。
その決意や嬉しさは、恋人のことを大切に想っている何よりの証拠です。
親を目の前にしたときはそんな素直な気持ちを伝えれば良いのではないでしょうか。