• 連載数:全5回
  • 紹介文:恋人を親に紹介する事は大切に想っている証拠ですので、緊張した面持ちでも問題はなく誠心誠意向かい合うことが大切です。
2016.12.28

待たされる意味

写真好きになれる男性と出会い、そんな彼とお付き合いすることが決まれば、多くの女性は自分の中に幸せな感情が芽生えたことに気づきます。
彼との思い出が一つ一つ増えていくたびに、膨らんでいく親密な感情は彼への想いを示しているでしょう。
この先もずっと彼と一緒にいたいと、好きになればなるほどその気持ちは強くなっていくはずです。

しかし自分がどれだけ彼のことを好きだと思っていても、相手は果たしてどの程度自分のことを愛してくれているのだろうかという悩みが生まれてくることもあります。
厄介なのは好きだという言葉をくれても不安を抱いてしまうことです。
頻繁にデートへ連れ出してくれたとしても、芽生えてしまった疑いはすっきり晴れないということもあります。
そしてそういった場合、ほとんどの女性は彼から両親と会わせてもらっていないことでしょう。

親と会ってほしいと彼から言われたとき、急な申し出に女性は大抵戸惑います。
相手のご両親によく思ってもらえるだろうかと焦り、動転しながら自分の礼儀作法や立ち居振る舞いを振り返る女性もいるはずです。
しかしそれとは裏腹に、内心では親に会ってほしいと言ってくれた彼の気持ちをとても嬉しく感じているはずです。

家族に紹介してもらうということは、彼が彼女のことを家族に認めてほしいと思っている証拠になります。
なぜ家族に認めてもらう必要があるのかと考えれば、将来を見越した真剣な交際を望んでいるからだろうと予測がつくでしょう。
そのためそういった希望を彼から言い渡されないとき、いつになったら親に会わせてくれるのだろうかと途方に暮れてしまうのです。

もしも彼がなかなか行動を起こさないなら、自分からうちの親に会ってほしいと言ってしまうのも一つの手です。
真剣だからこそ緊張していただけの彼に、気づけるかもしれません。