• 連載数:全5回
  • 紹介文:恋人を親に紹介する事は大切に想っている証拠ですので、緊張した面持ちでも問題はなく誠心誠意向かい合うことが大切です。
2016.12.28

彼女の希望

写真彼女をいつ親に紹介するかどうかは、男性にとって悩みどころの一つです。
彼女が明らかに親の世代からの印象が良くないだろうというときは、紹介すること自体を躊躇ってしまう人もいるかもしれません。
内面を知っている彼としてはとても気が利く優しい子だと思っていたとしても、パッと見の印象から親が感じる彼女のイメージに不安を抱いてしまうのも仕方がありません。
とても清潔感のある知的な女性であれば、そんな女性との出会いをほとんどの両親は歓迎することでしょう。
外見に伴いその中身も素晴らしい彼女と誇れる相手を、彼としてはすぐにでも親に紹介したいと考えているかもしれません。

ところがもし彼女の希望を第一にと踏まえているのであれば、親に紹介するタイミングが今でいいのかと一人で悩みぬく男性も少なからずいるはずです。
彼女が彼の親にあいさつに来た場合、親からしてみれば多少なりとも結婚を目の前に意識してしまうものです。
彼女もそれを望んでいるかもしれません。
親と会ってほしいと言ったとして断固拒否されることは珍しいでしょう。

しかし彼女に自立した夢や目標があり、熱心に仕事へと取り組んでいる姿を彼が知っている場合、もしかしたら親に会ってほしいというその思いが重荷になるのではと考えてしまう事もあります。
彼女がためらった顔を見せるかもしれないと想像すればするほど、親に会ってとはいえなくなってしまうのでしょう。

彼女の希望を最優先できる男性はとても素敵です。
その優しさに彼女も惚れ込んでいる事でしょう。
一人で悩むくらいなら彼女に直接相談するのも悪い事ではありません。
躊躇いを見せず、嬉しそうに頷いてくれる女性も多いのではないでしょうか。