• 連載数:全5回
  • 紹介文:恋人を親に紹介する事は大切に想っている証拠ですので、緊張した面持ちでも問題はなく誠心誠意向かい合うことが大切です。
2016.12.28

まさかのタイミング

写真両親に会ってほしいと彼女から突然頼まれたことのある男性はいるでしょうか。
言われたことのある人であっても、そのときの彼女の反応は様々でしょう。
真剣な顔をして言われたり、気軽にちょっと会ってみてというテンションで言われたり、彼女の様子によって彼の反応が変わってくることも時にはあります。

彼女との出会いがあれば、いつかはその両親との対面があるのも当然のことです。
真面目に付き合いたいと思うならば尚更のこと、彼女の親との付き合いを覚悟する時期がいずれは来ることになります。
そのため自分の親にそのうち会ってもらおうかと考えている男性も多いかもしれません。
しかしそれよりも前に彼女から親に会ってほしいと頼まれてしまったら、なんの心構えもなかった男性としては内心慌てふためくことでしょう。

彼女が親と仲の良い関係を保っているのであれば、両親側から良い人がいるなら会わせなさいと気さくにせっつかれてのことかもしれません。
たまたま親が近くに来るらしいからついでに彼を会わせてみようと、彼女のそんな気軽な発想による可能性もあります。

ところが言われた男性からしてみれば、親に会う一大イベントに適当な姿勢で臨むわけにはいきません。
スーツを用意した方がいいのか、それではむしろ堅苦しすぎるかと、普段であれば冷静でいられる頭が全く機能しなくなることもないとは言えません。
身構えていないところである日突然彼女からの要求を受けてしまうと、大体の男性は戸惑います。
しかし断る理由ももちろんないでしょうから、緊張しながら相手の親との初体面を迎えることになるのです。

恋人の親を前にするのは誰でも緊張することです。
しっかり姿勢を正し、彼女との交際が真剣なものであることを誠心誠意伝えましょう。