• 連載数:全5回
  • 紹介文:恋愛慣れを感じた時にバリアを張って近づかないようにするのではなく、優しさや良い部分を素直に見てみましょう。
2017.02.01

昔の恋人

昔の恋人心から愛せる人との出会いは大きな幸福感をもたらします。
しかし相手が好きだからこそ抱く不安や悩みは、付き合っているうちに必ず出てくるものです。
もし出会いからまだ間もないという場合ですと、恋人に対して照れや緊張を感じてしまうこともあるでしょう。
しかし恥ずかしがっているのはこちらだけで、交際相手は余裕の表情を浮かべていたらどう思うでしょうか。

デートスポットなどにあまり詳しくない人の場合、頑張ってデートコースを探そうとしても悩んでしまうことがあるものです。
そこで恋人からさりげなく「ここは人気がある、楽しめる」という助言があれば、最初は特に疑問も抱かず提示された場所をデートコースに入れるでしょう。
優しい恋人からのアドバイスに感謝することもあるはずです。
しかし何度もそういったことが繰り返されたとしたら「どうしてこの人はこんなにも沢山のデートスポットを知っているのだろう」と疑問を抱くかもしれません。
そしてこのような状況が積み重なっていくうち、自分の恋人は過去に恋愛経験が豊富だったのだという気づくのです。

誰にでも過去はあります。
現在の恋人が以前はほかの異性とおつきあいしていても何も不思議ではないでしょう。
自分が好きになるような素敵な人ですから、他の人が好きになることも恋人になったこともあるはずです。
もちろん過去の出来事を責めることはできません。
しかし恋人の過去の恋愛を気にする人の中には、あまり恋愛経験がない人もいるでしょう。
そういう人なら自分と相手の恋愛経験を比べて恋人の過去の相手に嫉妬してしまうのも仕方ないかもしれません。

しかし、過去を今さら変えることもできませんが、恋人に正直な気持ちを打ち明けて相談することは今すぐできるはずです。
複雑な感情を素直に明かせば、今自分が好きなのは目の前のあなただときちんと教えてくれることでしょう。

2017.02.01
2017.02.16
2017.03.01