• 連載数:全5回
  • 紹介文:恋愛慣れを感じた時にバリアを張って近づかないようにするのではなく、優しさや良い部分を素直に見てみましょう。
2017.02.01

男性慣れ

男性慣れ新しいものが好きだという人は多いですが、これは恋愛の繋がりにおいても似たことがいえます。
たとえば彼女ができたとき、相手にとって自分との出会いが最初の恋だとしたら男性はどう思うでしょうか。
彼女が初めて付き合う男性が自分なのだと知れば、おそらくほとんどの男性たちは良い気分になるでしょう。
何も知らない彼女に少しずつ恋愛について教えてあげようと考えて楽しくなる男性もいるはずです。

恋愛経験が少なく、男性にあまり慣れていない女性ですと普通の男性なら守ってあげたいと思ってしまうものです。
初心な女性、純粋な女性を好む男性が多いのはこのためでしょう。
男性とは自分を頼ってくれる存在を特に大切にしたいと思うものです。
もしも彼女が恋愛慣れしていなければ、恋愛のあれこれに関して自分が教えてあげられる権利を男性は得られると思うのです。

そして反対に、もしも彼女が恋愛にも男性にも慣れている場合ですと少々面白くないと感じる男性もいるものです。
妙な照れもなく、コミュニケーションがとりやすいという面では二人の会話も盛り上がりますし、表面上の付き合いには問題ないように見えるでしょう。
しかしスキンシップが少々過剰であったり、デートの帰る時間が遅くなっても全く気にしなかったりと、所々にオープンすぎる面が見えたとすれば恋人として思わず不安になってしまうかもしれません。

過去を心配するのはともかく、疑心暗鬼まで陥ってしまうのはよくありません。
男性側は女性の過去は過去として割り切ることも大切でしょう。
また、女性は自らの言動を振り返り、彼の不安を煽るような行動を無意識にしていないか確認するべきです。
お互いへの思いやりがあってこそ、男女交際がうまくいくものです。

2017.02.01
2017.02.16
2017.03.01