• 連載数:全5回
  • 紹介文:失恋を恐れていては次のステップに進むことができず、動かなければ後悔しか後に残らないので成就するよう行動みましょう。
2017.04.12

無意識のうちに

無意識のうちに誰にでも起こりうる恋愛の始まりは、唐突に来るものなのでしょうか。
後になって振り返ってみても、あのときがそうだったんだ、と意識できる人のほうが少ないのではないでしょうか。
恋愛の始まりというのはときとしてあやふやであり、はっきりしないものかもしれません。

それでも出会いから恋心が芽生え、めでたく相思相愛のカップルになった二人には、やはり恋心に気づいたときというのははっきりとしておきたいものなのかもしれません。
あのときはどうだったのだろう、そういった場合は時間が経過していくとどんどん忘却の彼方に追いやってしまうものです。
ですから、できるなら付き合い始めたときに、恋に気づいたときというのを二人ですりあわせていると良いでしょう。

実際にはどうだったのでしょうか。
相手のことが好きという気持ちはもちろん二人同時に起こったことではないでしょう。
一方が無意識のうちに相手のことを探している瞬間が恋心の始まりと言えるのかもしれません。
しかし、無意識ということですから、それは恋心ではなく単に気になっている存在ということなのかもしれないのです。

後で振り返れば気になる存在なのだからそこが恋心の始まりなのでは、と思う人もいるでしょう。
決めきれなければそういうことに自分で決めてしまうのも一つの手かもしれません。
自分で決めたのですからそれを真実としてしまうこともできます。
恋心のスタートというのは実際に意識していない限りは記憶に残っていないものです。
なぜなら恋心の速度は脳に記憶する余裕を与えないほど速くときめくからなのです。