• 連載数:全5回
  • 紹介文:失恋を恐れていては次のステップに進むことができず、動かなければ後悔しか後に残らないので成就するよう行動みましょう。
2017.04.12

恋心とわかれば行動あるのみ

恋心とわかれば行動あるのみいつのまにか相手のことが気になってしまうということがあります。
それが相手に対する恋心というにはあまりにも突然すぎて、自分で自分の気持ちがわからなくなることがあるのです。
出会いからすぐに恋愛感情が芽生えるといった一目惚れというのは、実際にはなかなかないのかもしれません。
徐々に気になってくる存在というのが、やはり紛れもない恋心の第一歩なのかもしれないのです。

ここで気になることは、考えがあっての行動ではなくて、いつのまにか気がついたらという点で、非常に重要なポイントとなります。
言うなれば無意識の行動というものです。
相手のことが気になって、何をしているのだろうと目で追ってしまうのが無意識に行動に表れてしまうというのは、やはり恋心でもないとそこまでのことはしないのです。

そんな自分に気がついてしまうと、どうしていいのかわからなくなる人もいるでしょう。
それを素直に恋心と気がつくのは少数派で、ほとんどの人は恋に落ちてからしばらくたって、あのときの気持ちがそうだったんだと思うのです。
ですからそのときに恋心と感じてしまう人はそこからの行動が早いのです。
相手に対して明確に恋心を持っているとわかっているのですから後は行動に移すのみです。

そこで見事に恋が成就するのか失恋してしまうのかは、神のみぞ知るということです。
それでも悶々と自分の世界に閉じこもっていては何も進展はありません。
失恋を恐れていては次のステップに進むことができませんし、何よりも後悔しか後に残らないのですから、まずは行動しかないのです。
そのことをしっかりと覚えておきましょう。