• 連載数:全5回
  • 紹介文:失恋を恐れていては次のステップに進むことができず、動かなければ後悔しか後に残らないので成就するよう行動みましょう。
2017.04.12

あのときだと思う時がきっとある

あのときだと思う時がきっとある誰にでも気になる相手に対して、それが明確な恋心と気がつく瞬間があるものです。
例えば、間接キスなどはどうでしょうか。
間接キスというのはキスの内にも入らないし、全く意味がないと考える人が多いかもしれません。
自分自身でもそう考えていても、いざ当の本人にそのような場面が降りかかってきたらどうでしょうか。

例えば、飲み会の場などでお酒の回し飲みというのは意外と平気で行われるものですが、それが嫌いな人、どうでもいい人なら無下に断ることもできるのですが、ちょっと気になる存在の人がいたとしたらどうでしょう。
気になる存在から少しドキッとする存在になれば、それはやはり恋心と言ってもいいのではないでしょうか。

間接キスなどで騒ぐのは小学生か中学生くらいと考えるのが大方の意見かもしれませんが、大人になってもちょっとした間接キスで自分の中で大騒ぎになるようでしたら、それは紛れもなく恋心と考えてもいいでしょう。

男女には必ず出会いというものがあります。
それがいつだったのか、そしてそこから恋心が芽生えたのはいつの頃だったのか、そのときはわからなくても後になってそれがいつだったのか、とても気になることがあります。
そうなると自分の気持ちの中にあるインパクトの強い思い出に、あのときに恋心が芽生えたんだと思うことでしょう。
それがひょっとしたら間接キスのどきどき感を覚えているときかもしれません。
そんなちょっとしたことが後々でとても大事なことになるのですから、恋心はいつまでも大切にしまっておきたいものです。