• 連載数:全5回
  • 紹介文:親しき中にも礼儀ありということわざもあるように、恋人同士出会っても相手のことを考え思いやりを持って言葉を選び、より良い関係を築きましょう。
2017.07.26

第一印象を悪くしないために

写真合コンなどの出会いの場に足を運ぶ目的は、主に素敵な人を見つけること、その人とうまく関係を築くことです。
そのような目的を果たすために、口に出すべきではない話題、言葉があることを意識している人はどれほどいるでしょうか。
今交際したい人、将来交際を考えている人にはまず言われたくないセリフですが、それは「前の交際相手を悪く言う」ことです。

そもそも初対面の相手に対して人の悪口を言うような人間は第一印象が悪くなりますから、出会いの場ではもっとも相応しくない話題と言えるでしょう。
そして、過去の恋人を悪く言うということは、話を聞いている相手に「この人は今後も別れた恋人のことを悪く言い続けるのだろうか」と邪推されます。
別れることを前提に交際を始める人はいませんが、自分がその悪口の対象になるかもしれないと思うと、どんなに素敵な人でも交際をためらうでしょう。

ですから、出会いの場では、悪く言うことはもちろん、過去の交際相手についての話題自体控えた方が無難です。
例え軽い冗談のつもりであっても、その場で出会った人と交際したい気持ちがあれば、過去の恋人の悪口を言うべきではありません。
そんな話題は将来交際するかもしれない人から聞きたくない、言われたくないであろうということを心に留めておきましょう。
そして、例え今目の前にいる人の好ましさをアピールする目的であっても、比較対象として過去の恋人を持ち出すことは大変失礼です。
まして、相手に面識のない他人を貶めることで相手を褒めようなどという浅はかな考え自体論外であり、そんな褒め方をされた相手は喜ぶどころか気分を害する可能性も大いにあります。

自分の第一印象を良くし、さらに相手に好ましく思われたいのであれば、ストレートに目の前の相手を褒め、自分が好意を抱いていることを示すべきでしょう。
交際を考えるかどうかの状況では第一印象が大きく結果を左右するものです。
それをできるだけ損なわないよう注意しなくてはいけません。