• 連載数:全5回
  • 紹介文:親しき中にも礼儀ありということわざもあるように、恋人同士出会っても相手のことを考え思いやりを持って言葉を選び、より良い関係を築きましょう。
2017.07.26

ケンカをする時の気持ち

写真人は誰でも「言われたくないセリフ」、いわゆる「地雷」と呼ばれるようなNGワードがあるものです。
運命的な出会いをはたし、長く良好な関係を続けてきたカップルであっても、その「地雷」をうっかり踏んでしまったことで破局してしまう可能性も大いにあるでしょう。
それを避けるには、二人が出会いを経て交際に至った過程の間にできるだけコミュニケーションを交わし、お互いの趣味や嗜好について理解し合うことが大切です。
そこから、相手にとっての「地雷」を探ることもできるでしょう。

そうして相手の「地雷」であろう話題や言葉を察したら、その後どのようなケンカになってもその言葉だけは使わないよう気をつけなくてはいけません。
その言葉や、それを含んだセリフは、相手がもっとも避けたい事、ましてや愛する恋人に言われたくないものです。
つい口に出てしまった一言が破局の端緒になるかもしれません。
とは言え、「ケンカをしている時にそんなことを意識するのは難しい」と思う人もいるかもしれません。
しかし「相手と理解し合いたい」という気持ちからケンカになった場合は、相手への思いやりや労わりがあるので心にブレーキをかけることもできるはずです。
ですが、自分の我を通そうとしてケンカになった場合は、相手を傷つけてでもねじ伏せようと、あえて相手が言われたくないと思っているセリフを口にしたり、傷つくであろう言葉をぶつけたりしてしまうでしょう。
ですから、恋人とケンカになりそうな時には一呼吸おいて、「自分は相手とどうなりたいのか」を考えてください。
二人の関係を壊したくないと思うのであれば、そうした衝突を回避することができるでしょう。

「覆水盆に返らず」という言葉がありますが、一度口にしてしまったセリフは、すぐ訂正や謝罪をしたとしても、それをぶつけられた相手の心の傷はすぐに消えないのです。
ケンカをする時だけでなく、日頃から相手の「地雷」を踏んでしまわないよう心がけ、気遣うことを忘れないようにしましょう。