• 連載数:全5回
  • 紹介文:親しき中にも礼儀ありということわざもあるように、恋人同士出会っても相手のことを考え思いやりを持って言葉を選び、より良い関係を築きましょう。
2017.07.26

口に出さないよう気をつける

写真普段から自分で口にしていても、人から言われると腹が立ったり、悲しくなったりする話題やセリフというものは誰にでもあるのではないでしょうか。
外見上のコンプレックスであったり、家族や友人のことだったり、辛かった出来事だったり、人によって様々ですが、それについて好きな人から言われると、例え冗談めかした言葉であっても深く傷ついてしまうことは珍しくないでしょう。
出会いを経て交際へと至り、長く良好な関係を続けてきた恋人のような、分かり合えている相手からであってもそうした言葉を口にされると傷つくものです。
そして、そんな相手からはなおさら言われたくないと考える人は多いでしょう。

最初の出会いから時間が経ち、親密な関係になっている交際相手だからこそ口にしてはいけないNGワードはあるものです。
それを口にしないことが思いやり、労りであり、それらは恋愛関係を続けていく上ではもっとも重要です。
大切な相手を傷つけてしまわないよう、付き合いが長くなっても注意を怠らず、二人の関係が深まっていることを理由に慢心しないよう心がけなくてはいけません。
一度口にしてしまった言葉は引っ込められないうえ、それによって恋人の心につけてしまった傷はその後も長く残るでしょう。
運が悪ければ、その一言がきっかけで恋愛関係が破局してしまうことにもなりかねません。
どういった言葉が相手の気分を害してしまうのか、普段の会話からしっかり見極めておくことをお勧めします。

後悔先に立たず、日頃から恋人の嫌がる言葉や話題は口にしないよう注意する必要があります。
常日頃から、「口にしてはいけない」と自分に言い聞かせて暗示をかけるようにしておけば、思わずケンカになってしまった時でもその言葉を回避できるようになるでしょう。
これからも恋人と良好な関係を築いていきたいと考えているのであれば、きちんと自分を律し、相手の気持ちを考えて行動するよう心に留めておいてください。