• 連載数:全5回
  • 紹介文:親しき中にも礼儀ありということわざもあるように、恋人同士出会っても相手のことを考え思いやりを持って言葉を選び、より良い関係を築きましょう。
2017.07.26

思いやりを持つことを忘れずに

写真素敵な人と出会い、運良く交際へと至った場合、相手との関係を深めるためにはどんなことが大切でしょうか。
積極的にデートに誘うことでしょうか、それとも頻繁にお互いの携帯にメッセージを送り合うことでしょうか。
もちろんデートを重ねて会話を増やし、お互いについての情報を交換することは大切です。
そうしたコミュニケーションは相手の趣味や嗜好、関心を抱いている事柄などを知ったり理解したりするために役立つでしょう。
コミュニケーションという意味では、メッセージのやり取りをすることも決して無駄ではありません。
ですが、出会いを経て交際へと至る時期にもっとも大切にするべき事柄は、互いを労わり合い、思いやることなのだということを心に留めておくべきでしょう。

恋人がどういったことを喜ぶか、何を言われれば悲しむか、より相手を理解するためにはどうするべきなのかを考えることは交際を続けるうえでとても大切なことです。
自分の話したいことや伝えたいことばかりを優先していると、相手は蔑ろにされていると思ってしまうでしょう。
自分の気持ちを満足させることばかり考えていると、相手を傷つける言葉、相手が言われたくないと思っている言葉をつい口にしてしまうかもしれません。
交際相手にはお互いに思いやり、労わりの気持ちを常に持つことを忘れないようにしましょう。
そんな気持ちでコミュニケーションを取っていれば、よりお互いについて理解を深めることができ、関係も親密で強固なものになっていくでしょう。

「言葉」は、言われた相手を喜ばせることができると同時に、深く傷つけることもできるものです。
だからこそ、その扱いはていねいに、日頃から思いやりを持って言葉を選ぶよう心がけることをお勧めします。
相手に向ける言葉を間違えただけで、二人の関係が破局してしまう可能性もあります。
好きな人とコミュニケーションを取る際には、いつも以上に気遣いを心がける必要があるのです。