• 連載数:全5回
  • 紹介文:スタートさせたばかりの交際で、恋人に何かしたいと思う方は、デートなど会うときに高価なものよりもさりげないプレゼントを贈ってみましょう。
2017.10.04

相手に負担をかけないように

写真人は恋をすると「相手に自分を好きになってもらいたい、嫌われたくない」という気持ちを抱くものです。
その気持ちが高じて「相手になにかしてあげたい、プレゼントを贈りたい」と考える人も多いのではないでしょうか。
デートの時にでもなにかプレゼントを渡して相手に喜んでもらいたいという気持ちは決して悪いものではありませんが、プレゼントや差し入れは度が過ぎると自分のみならず相手の負担にすらなりかねません。
あくまでも、さり気ない程度の心遣いにすることを忘れないようにしましょう。

二人が出会い、交際をスタートさせて初めて迎える誕生日など特別な場合は別ですが、恋人に贈り物や差し入れをしたいと考えるのであれば、あまり高価なものは選ばない方がいいでしょう。
特に交際して間もない時期はデートに行く頻度も多いでしょうから、その度に差し入れしていては相手に気を遣わせてしまいます。
一方的に何度もプレゼントや差し入れを受け取った相手は「お返しをしなければならない」というプレッシャーを感じてしまうでしょう。
こちらが見返りを求めてやっていることではなくても、相手に気を遣わせることになるので、差し入れの頻度や値段については配慮が必要なのです。
ただ「あなたが好き」という気持ちを表すために差し入れをしたいと考えているのであれば、さり気ない、ささやかなものを選ぶことをお勧めします。

例えば、お気に入りのスイーツや愛読書の本などはいかがでしょうか。
自分の好きなものを相手に渡すことは、自分を知ってもらうことにも繋がります。
交際して間もないカップルにはお勧めの方法です。
食べ物や本程度であれば、相手もお返しにそこまで気を遣うこともなく、代わりに自分の好きなものを教えてくれることでしょう。
差し入れは、相手の負担にならないものを選ぶことが大切です。
なににすればいいのかで迷った時は、「二人の仲が今よりも親密になるようなもの」を心がけてみてはいかがでしょうか。