• 連載数:全5回
  • 紹介文:スタートさせたばかりの交際で、恋人に何かしたいと思う方は、デートなど会うときに高価なものよりもさりげないプレゼントを贈ってみましょう。
2017.10.04

まずは相手を理解すること

写真長い間寂しい独り身で、恋人が欲しいと願い続けていた人が、素敵な人と出会い、いざ交際できたとなればその幸福感は計り知れないでしょう。
愛する恋人になにかしてあげたいと強く思うはずです。
せっかく得た出会いの縁と二人の関係を大切にしたいという気持ちを表すこと、相手に自分をもっと好ましく思ってもらいたい気持ちもあるでしょう。
ですが、そうした自分の気持ちの勢いだけに任せて、高価な贈りものをするのは逆効果なので注意しなくてはいけません。

高価なもの、貴重なものを渡された相手は気を遣ってしまうでしょうし、「重い」と思われかねません。
誕生日や記念日など特別な機会であれば別ですが、何でもない時に高価な贈りものをするのは避けるべきでしょう。
それでもどうしても恋人に自分の溢れる気持ちを表したい、恋人の喜ぶ顔が見たいというのであれば、あまり大げさではない、さり気なく渡すことができるような差し入れをデートに持っていくことをお勧めします。

その際に大切なのは、デートの邪魔にならないサイズのものを選ぶことと、相手の好みに合ったものを選ぶことです。
日頃の会話から、恋人がなにに興味を持っているのか、どんなものが好きなのかをしっかりリサーチすることも忘れないようにしましょう。
プレゼントはさておき、恋人と親密になりたいのであれば、まずは情報交換が欠かせません。
お互いについて理解を深めれば、おのずとどういったものを差し入れれば喜んでもらえるのかも分かるようになるはずです。

まずは差し入れをする計画よりも、しっかりと相手とデートを楽しみ、情報収集をしましょう。
差し入れはお互いを理解し合ってからでも遅くないのです。
恋人が大切なら、そしてその恋人と長く良好な関係を築いていきたいなら、まずは自分を知ってもらい、相手を知るところから始めましょう。
そうして得た情報を基にさりげなく差し入れをすれば、きっと恋人は喜んでくれるはずです。