• 連載数:全5回
  • 紹介文:恋人ができるともっと自分の事を好きになってもらいたいと思うのは当然です。家庭的である女性は魅力的ですので、もし家事が苦手でしたらこれを機会に克服しましょう。
2017.12.15

前向きに取り組もう

写真長く恋人がおらず、良い出会いのチャンスを探して苦労した末に、縁あって素敵な人と交際に至れば、否が応でもテンションがあがり、誰でも浮かれてしまうでしょう。
恋人ができたばかりの時期は、セロトニンやエンドルフィンなどの幸福感を得られる脳内物質が多く分泌され、気力が湧きやすい、ポジティブになりやすい時期でもあります。
そんな前向きな気持ちの時期にお勧めしたいのが、「苦手なことの克服」です。

心から愛せる人に出会い、その相手が恋人になれば「相手に嫌われたくない、自分を好きでいてもらいたい」と誰でも考えるでしょう。
二人の良好な関係を長続きさせるために、「自分磨きを始めよう」と決意する人もいるかもしれません。
普段の自分であれば、しなければならないと分かっていることであってもやる気が起きなかったり、ついつい後回しにしてしまったりしていた物事に対して、恋する気持ちでやる気に燃えている時は、「これを終わらせるついでにあれもやっておこう」などと、物事を前向きに考え、実行することができるのではないでしょうか。
恋をしている時期は、普段よりもやる気や努力が長続きするので、苦手なことを克服する行動を起こすのに最適です。

片付けが苦手、料理が苦手など、家事が不得意な人は、恋人ができて気持ちが前向きになっているうちに、意識改革や苦手克服に取り組むことをお勧めします。
もちろん、他にも苦手意識を持っていることに取り組んでもいいのですが、人の生活の一番身近な行動である家事に対して集中することで、生活改善、はては恋人との関係にもプラス効果をもたらしてくれるでしょう。
そして苦手なことを克服するという目標は、あまり高すぎないようにするのがポイントです。
大きな目標に向けて必死に努力するよりも、すぐに達成できる小さな目標を着々とクリアしていく方が気持ちの負担が軽く、長続きしやすいでしょう。
大切なのは、気持ちがポジティブなうちに始めるということ、まずは小さな目標を立ててそれをクリアすることを目指すのがお勧めです。