• 連載数:全5回
  • 紹介文:二人で過ごすき時間が長くなればなるほど、大切な記念日は増えていきます。二人で歩んできた道を確認するためにも大切な記念日をお祝いしましょう。
2018.02.14

記念日には言葉を贈ろう

記念日には言葉を贈ろう恋人と交際していると、バレンタインやクリスマスなど様々なイベントごとが増えるものです。
中でも二人が出会いを経て交際し始めた日も大切な記念日ですから、食事に行ったりデートしたり、お祝いしているカップルも多いでしょう。
特に、一年目の交際記念日となれば思い入れも強いでしょう。
他人同士として出会い、お互いを理解する努力を積み重ねた結果、恋人という一歩進んだ関係になって一年、そこから次の一年への一歩目でもある一年目の交際記念日です。
そこで改めてお互いの気持ちを確かめ合いたいと思うのは当然の心理です。

人というのは面倒なもので、恋人に限らず友達や家族でも長く接しているうちに、「相手と気持ちは通じ合っている。
だから、今更気持ちを言葉にする必要はない」などと考えてしまいがちです。
相手を好きな気持ちがあるなら、時間がどれだけ経っても「あなたが好き」と言葉にして伝える方が関係や絆が深まるというのに、なぜか「言わなくても大丈夫だろう」と思い込み、相手に真剣に向き合わなくなってしまう人は少なくないものです。
「以心伝心」という言葉もありますが、誰もが全員そうだと勘違いしてはいないでしょうか。
徳の高いお坊さんでもそうそうできることではない行いが、そもそも普通の人、他人同士でできるはずがないのです。

恋人への想いは積極的に言葉にしましょう。
日頃からそうしている人でも、せっかくの記念日には、手紙やメールなどより丁寧に想いを伝える努力をすることをお勧めします。

自分のことを好きだとわかっている相手からであっても、「好き」と言われて悪い気持ちになる人はいないものです。
交際記念日は、カップルがお互いを理解し合う努力を続けられたことを感謝する日であり、「これからもよろしくお願いします」と新たな決意を伝え合う日でもあります。
そのために必要なのは、高級レストランの食事や高価なプレゼントではなく、相手のために選んだ「真心のこもった言葉」なのだということを心しておきましょう。