• 連載数:全5回
  • 紹介文:二人で過ごすき時間が長くなればなるほど、大切な記念日は増えていきます。二人で歩んできた道を確認するためにも大切な記念日をお祝いしましょう。
2018.02.14

心を満たすもの

心を満たすもの男女が出会い、カップルとなれば「記念日」がつきものです。
お互いの誕生日はもちろん、交際記念日、初めてお泊りデートをした日など、二人だけの特別なイベントは増える一方です。
が、交際が長くなればなるほど、それらを覚えておくのは億劫になってくるものです。
ついうっかり恋人との記念日を忘れてしまい、ケンカになってしまったというカップルの話は古今東西珍しくないでしょう。
ですが、交際が長くなれば記念日は増えるものですから、それらすべてをお祝いしていては、そのうち毎月どころか毎週のようにお祝いしなければならないなんて事になりかねません。

二人の心にとめておくべき記念日は最小限に絞っても良いのではないでしょうか。
「楽しいことや嬉しいことは多い方がいい」という意見もあるかもしれませんが、楽しいことだって毎日続けば誰でも飽きてしまいます。
記念日を最小限に絞ることは、二人が今後も長く良好な交際を続けるためでもあります。
お互いの生活や仕事の都合などを邪魔しないためにも、最低限、お互いの誕生日、二人が出会い、交際をスタートさせた交際記念日程度があれば十分でしょう。
実際それらだけでも年に三回は二人でお祝いする日があるのです。
年に数回の特別な記念日だからこそ、二人で一緒にお祝いできることに大きな喜びを得られます。

誕生日や交際記念日といった特別な日には、恋人へ自分の気持ちをきちんと伝えましょう。
次の一年を二人で仲良く過ごすため、二人の愛情を冷めさせないコツでもあります。
「言葉であれこれ言うよりプレゼントを渡す方が喜んでくれるのでは」と疑問に思われるかもしれませんが、プレゼントと気持ちを伝えるための言葉は別物だと考えるべきでしょう。
もちろん、恋人に喜んでもらいたいという気持ちでプレゼントを用意するのも良いことですが、人の心には、物で満たされる部分と、言葉でしか満たされない部分とがあるのだということを心にとめておいてください。
恋人の心を完全に満たしてあげるためには、愛する人の言葉が欠かせないのです。