• 連載数:全5回
  • 紹介文:ボディータッチとは好きな相手に自分を意識させる有効な手段ですが、正しく取り扱わなければ好意を持たれるどころか警戒される恐れもありますのでさじ加減が必要です。
2018.04.18

友達以上恋人未満

友達以上恋人未満異性の友人に恋をする…そんな話は珍しくありません。
友達より一歩進んだ関係になりたいと思っても、相手が自分を友達としか認識していなければ、それは難しいでしょう。
自分を恋愛対象として意識させたいのなら、思い切って「友人」という立場を利用し、ボディタッチをしかけるのがオススメです。
中でも効果的なのは「ハイタッチ」でしょう。

ハイタッチは、まさに気の置けない友人同士がノリや勢いに任せて気軽に触れ合えるボディランゲージです。
友達以上恋人未満の微妙な関係の相手にも、ハイタッチなら気兼ねなくできるでしょう。

例えば、出会い頭に軽いノリでハイタッチをしてみるというのも面白いのではないでしょうか。
「いきなりどうしたの」なんて驚きながらも、仲の良い相手なら笑ってくれるでしょう。
もちろん、ゲームやスポーツなど、友人として共に楽しめる趣味や遊びなどがあればピッタリです。
一緒に楽しんだ後に「イェーイ」と声をかけながらハイタッチをすれば、流れも自然です。
ハイタッチなら、ボディタッチ初心者でもさほど気負わず、簡単に相手と触れ合えるでしょう。

ただ、その気軽さゆえに、相手を意識させられないのでは…と疑問に思う人もいるでしょう。
ハイタッチするのはほんの一瞬ですから、効果が薄いイメージです。
しかし、その一瞬の触れ合いが、相手に自分を意識させる起爆スイッチになり得るのです。
ハイタッチをした瞬間はそれほど気にしなくても、ハイタッチを交わした瞬間に感じた、手の温かさや感触を思い出し、後から密かに胸を高鳴らせ、ドキドキする…なんて場合も多々あるものです。
何もしないよりは確実に相手に自分を意識させられるでしょう。