• 連載数:全5回
  • 紹介文:ボディータッチとは好きな相手に自分を意識させる有効な手段ですが、正しく取り扱わなければ好意を持たれるどころか警戒される恐れもありますのでさじ加減が必要です。
2018.04.18

握手も立派なボディタッチ

握手も立派なボディタッチ「好きな人にボディタッチをする」…と考えると、ガチガチに緊張してしまうかもしれません。
しかし、「好きな人と握手をする」と考えるとどうでしょうか。
多少緊張感が和らぎ、それほど気構えなくても大丈夫ではないでしょうか。
握手は挨拶のボディランゲージですし、恋愛感情の絡まない場面でも普通に行われることです。
しかし、握手も立派なボディタッチの一種ですから、活用すれば恋愛面で大きく役に立つでしょう。

プライベートだけではなく、ビジネスシーンにおいても握手はよくあることです。
例えば取引先との商談が成立した時や、進めていたプロジェクトが無事終了した時など、物事がうまくいった瞬間に、仕事相手や仕事仲間とお互いの成果を讃え、今後の関係や発展を願って相手と握手をします。
また、政治家が自身への支持を訴え、有権者たちと握手を交わすこともあります。
相手の目を見て、しっかり握手することで、自分の誠意や情熱などが相手に伝わりやすくなるのです。
手と手を触れ合わせた相手との距離感もグッと縮まるでしょう。
この握手の効果を、ぜひ恋愛にも活かしましょう。

先述した通り、握手はビジネスシーンにおいてよくあることですから、例えば仕事絡みで素敵な異性と出会い、アピールしたい時にも最適です。
ニッコリ笑って握手をしたことがキッカケでお互いに意識し合い、一気に急接近…なんて可能性も十分あり得るでしょう。

また、意識させたい相手が仲の良い友人なら、いろいろな握手をしてみるのもオススメです。
例えばわざと強く握ったり、握ったまましばらく手を離さなかったり、遊び心のある握手をすると、相手は思わずドキッとしてしまうはずです。