• 連載数:全5回
  • 紹介文:復縁を迫られた場合、同じ相手との恋愛を積み重ねるのは良いことなのか、自分にとってプラスになるのか、対等な関係を築くことができるのかを考えてみてください。
2018.10.17

持ちかけてくる人もいる

持ちかけてくる人もいる出会いあれば別れあり、残念ながら全ての愛は永遠ではありません。
自分から相手に別れを切り出した人もいれば、ある日突然相手から別れを切り出された人もいるでしょう。
しかし、「別れたい」自分が切り出したにも関わらず、後になって「やり直そう」と持ちかけてくる人も少なくないものです。

不本意な形で別れた相手からのアプローチに思わず心ときめくかもしれませんが、はたして本当に相手は復縁を心から望んでいるのでしょうか。
別れた後、自分の思い通りにいかなかったことを不満に思い、全部なかったことにしてやり直したいだけなのかもしれません。
自分から別れたのに復縁を持ちかけてくる、一度そんな言動を許してしまうと、相手は何度でもそれを許してもらえると勘違いしてしまうでしょう。
もちろん、すべての人がそうだとは限りませんが、人は甘やかされるとつけあがるものです。
一度許されたら、味をしめる可能性はあるということは覚えておいてください。

恋愛は、立ち止まることはできても、過去へ戻ることはできません。
「やり直そう」という相手を受け入れたとしても、それは過去を修正してそこからやり直すということではなく、二人が復縁したところから新たに絆や関係を築き直す努力をしなければならないのだということを心しておいてください。
また同じ相手と恋をし、また同じ悲しみを繰り返したくないのであれば、きっぱりと断り、未来へ向かって進むのが一番いいのではないでしょうか。
過去を振り返らない勇気も必要です。