• 連載数:全5回
  • 紹介文:復縁を迫られた場合、同じ相手との恋愛を積み重ねるのは良いことなのか、自分にとってプラスになるのか、対等な関係を築くことができるのかを考えてみてください。
2018.10.17

恋は一方通行

恋は一方通行もし、別れた恋人から「やり直したい」と言われたら、あなたはどう答えるでしょうか。
あなたから相手に別れを告げたのであれば、きっぱりと未練はないからと断ることができるかもしれませんが、相手から別れを切り出された人の場合、少なからず心が揺らぐはずです。

しかし、相手との恋愛関係は既に解消されています。
二人がすれ違ったり衝突したりした時、二人の交際関係を維持するための努力を二人ができなかった、それを放棄したからこそ、二人は破局したのです。
放棄した側から復縁を言い出しても説得力はありません。
そもそも往々にして、復縁を望むのは元恋人と別れた後にうまくいかなかった時です。
また誰かいい人と出会い、一から関係を築くのが面倒などと感じ、過去の恋人の情に訴えようとしているのではないでしょうか。
たとえ未練があっても、相手に誠意が見えないのなら、断った方が無難です。
恋という関係は一方通行の道のようなものです。

そもそも復縁を言い出すくらいなら、二人の交際関係を維持するために話し合い、関係の修復を積極的にするべきでした。
それをせずに別れたのですから、申し出を受け入れられなくても当然ですし、断ったことを気にする必要はありません。
むしろ、もう過ぎてしまった過去に意識や時間をとられるくらいなら、新しい恋を見つけるために誰かと会って楽しい時間を過ごすために時間を使うべきでしょう。
命が短いのは乙女に限らないので、前向きに恋を楽しんでください。