• 連載数:全5回
  • 紹介文:喧嘩や倦怠期を乗り切るためには、好きになった理由を思い出してみましょう。ピンチを乗り越えると二人の絆は強まり、より良い関係を築くことができます。
2018.12.24

恋人とケンカしたとき

写真交際中の恋人とケンカしてしまうのは珍しくないことです。
おそらく、二人の出会いからまだ間もないカップルなら、お互いにそこまで意地を張らず、自分から謝ろうとするかもしれません。
しかし、逆に長く付き合っているカップルとなれば、お互いに自分の立場や意見を譲らず、ここで引き下がっては負けだとばかりに、つい意地を張ってしまうこともあるでしょう。
そのように、ケンカした恋人とうまく仲直りができなくなってしまった時は、相手を好きになった理由を考えてみてはいかがでしょうか。

誰かに恋をした時、相手のことばかりを四六時中思い浮かべては「次に会ったら何を話そうか、次のデートではどこに行こうか」と、楽しい想像に胸を高鳴らせていたでしょう。
日々、二人の思い出を残そうと努力・奮闘したはずです。
相手のために時間や労力を割く事なんて苦にもならなかったでしょう。
相手の明るく笑う顔、、楽しそうにしている姿を見て満たされ、相手のためにもっと何かをしてあげたいと思ったはずです。
そんな日々を思い出してみれば、ケンカなんてしたくない、仲直りしたいと改めて思えるでしょう。

恋人とのケンカは恋愛絡みのトラブルではつきものです。
稀にまったくケンカなんてしないというカップルもいますが、全員がそうではありません。
ケンカはして当然です。
大事なのは、ケンカしても、相手を好きになった理由を思い出して仲直りをして、それを繰り返し、そうして二人の絆を深めていくことです。