• 連載数:全5回
  • 紹介文:恋人との年齢差は気にしますか?
2014.08.08

問題にされなくなった年齢差

写真 恋人との年齢差というのは、
どれくらい大きな問題なのでしょうか。
世間では二十歳も三十歳も歳の離れた結婚などが話題になることが多々あります。
また、ひと昔前では姉さん女房という言葉も話題になったくらいですから、
当時としては女性のほうが
年上の夫婦というのが
新鮮だったのかもしれません。
現代は多様化の時代です。
出会いひとつをとっても、仕事から趣味のサークルから、アルバイト、携帯上での出会いまで数え切れないほどにあります。

それにともなって恋愛の形も複雑多岐にわたり、
毎年のように、新しい恋愛のトレンドが生まれたりもします。
そんななかで、恋人との年齢差、というのは話題になることはあっても、
大きな問題となるようなことは少なくなっているようです。
以前よりも歳の差に対する偏見が少なくなり、
寛容になってきたことがその理由のひとつかもしれません。

では、歳の差、というのはなぜそれほど問題にされなくなったのでしょうか。
第一に、人々の外見が洗練されてきたことが挙げられるかもしれません。
若いのに随分と落ち着いた男性がときどき見かけられます。
また、五十歳を過ぎても、まるで二十代か三十代のように若々しい女性も多くいます。
ファッションが洗練され、趣味を持つことが容易になり、
美容に対する感覚が研ぎ澄まされていったことで、
多くの人たちが自分のベストを保つことができるようになっています。
そして、自分のベストを保つことで、外見から年齢がわからなくなり、
同時に、年齢というものに対する意識までもが低下していきます。
重要なのは心の年齢であって、外見の年齢ではない、という方向に行き着くのです。
心の年齢を重視することで、実際年齢を気にすることはなくなり、
付き合ってみてからはじめて相手の年齢を知った、ということもあり得るようになったのです。
第二に、出会いの多様化です。
以前ならば、ひとつの会社で長い期間働くのが当たり前でしたが、
今ではそれも少なくなってきました。

仕事とプライベートの分割が進み、誰でも気軽に趣味をもつことができるようになりました。
そうして、なにか新しいものに触れる機会も多くなり、
それにともなって、さまざまな出会いの場も提供されるようになったのです。
職場では年齢は段階的になっていますが、趣味の場では、
いろいろな年代の人が同時にひとつの場に集まります。
彼らは共通の趣味で集まっているのですから、
もちろん、年齢に関係なく気も合います。気が合えば、恋愛にも発展します。
こうして、違う世代の人たちが、同じフィールドで付き合いを持つようになるのです。
こうしてみてくると、恋人の年齢差というのが問題にされなくなったのも、
時代の必然のように見えてきます。

縦の社会よりも横の社会を重視するようになり、人の個性が尊重されるようになったのですから、
当然といえば当然でもあります。
人々はこれからも、より一層幅広い出会いを経験し、幅広い価値観を身につけ、
世間の目に左右されることのない自分らしい恋愛を追及していくことでしょう。