• 連載数:全5回
  • 紹介文:理想的な異性との出会いがあった時には、会話術が必要になるとともにメールのテクニックも必要。テクニックお伝えします。
2014.09.05

メリハリを持つメールを

写真メールはビジネスからプライベートまで、様々な用途で使用するものです。
ですから、その文体もそれを送る相手によって大きく変化してきますし、必要に応じて変えていく必要があると言えるでしょう。
そしてそれは恋愛においても同様であり、たとえ同じ人に送るメールであったとしても、それを送るシーンに応じて適度にメリハリのある書き方をしておくことが大切です。

例えばビジネス上での出会いによって恋愛対象として意識できるような人とメールのやり取りを行うようになれば、仕事は仕事、プライベートはプライベートという区切りのある表現を行っていくようにするのが理想的でしょう。
仕事の内容を送るメールで妙に馴れ馴れしい一文をつけてしまうと仕事の方に支障を来たしてしまいますし、逆にプライベートな内容のメールを送る場合は堅苦しすぎると相手にも息苦しい思いをさせてしまいます。

ですから、それぞれの場面に応じた表現方法を用いるようにして下さい。
逆にプライベートな場で出会った異性であればそれほどビジネスで使用するようなメールを送ることはありませんが、飲み会やグループデートなどの企画をする際にちょっとだけかしこまった文体のメールを送るという手も十分にメールにメリハリがつきます。

具体的なメリハリのつけ方としては、仕事のメールには基本的に必要なこと以外を付け加えないようにして、プライベートなメールには他愛の無い最近の出来事、「!」や「?」などの表現を使用する方法が考えられます。
このような工夫をすればメールに抑揚が生まれますので、メリハリがつくだけではなくメールを送る相手に対して自分のギャップを見せることも可能です。

どのようなシーンでの異性との出会いも、メールは必須コミュニケーションツールになってきますので、このようなメリハリのある文章で相手からの高感度を上げる必要があります。
ですから、TPOによって適した構成のメールを送ることで、気になる相手から好印象を持ってもらえる努力が大切になるでしょう。