• 連載数:全5回
  • 紹介文:理想的な異性との出会いがあった時には、会話術が必要になるとともにメールのテクニックも必要。テクニックお伝えします。
2014.09.05

画像を添付する

写真気になる異性へ送るメールの内容に困ってしまうような場合、とても良い方法があります。
それは文章を少なめにして、画像を添付するという方法です。
数年前のメールであれば、画像を添付することは難しいものでしたが、最近のメールであれば携帯電話で撮影した画像を簡単に添付できます。
なので、メールへと画像を添付すれば視覚を通したコミュニケーションを図ることができるでしょう。

例えば一般的な文章を見た時に、写真や画像が一つあるとその文章自体が映えて見えるようになります。
それと同じように、ただ文章だけでメールを構成するよりも適度に画像を添付していた方が、メール自体のバラエティ性が増しますので、メールを送る相手に飽きを感じさせなくすることが可能です。

それでは実際にメールで送る画像には、どのようなものが適しているのでしょうか。
まず考えられるのが、相手の笑いを誘うような面白い系の画像です。
その画像は自分で撮影したものでも良いですし、インターネットをしていて見つけたものでも良いでしょう。
そのような画像であれば、どのような形であったとしてもその後の会話に結びついていきます。

また、ある程度メールをしている人との仲が深まり、交際に発展する前くらいの関係性になっているようであれば、二人の出会いがあった場所などのメモリアルな写真を送ってみるのも良い方法です。
特に恋愛の始まりである出会いは重要項目ですから、画像や写真によって相手にそれを意識させると、その後の恋愛は急加速で成就する可能性すらあるでしょう。

このようにメールにおける画像の使用は無限の可能性を秘めていると言えます。
実際に同じ文章を送るとしても、画像がついているのとついていないのでは天と地ほどの差があるでしょう。
あまり画像を添付し過ぎるというのは逆にメールが重くなってしまうので得策ではありませんが、時折ここぞという時に適切な画像を添付したメールを送れば、自分が思っている以上に相手との心の距離がぐっと近付くことも十分にありえるはずです。